お顔の悩みに効く美容方法

顔に触れる女性

美しいフェイスラインが期待できる注射

小顔になりたいというお悩みを持っている方は沢山います。特に、体全体が太っているわけではないのに、顔が大きく見えてしまうとお悩みの方がいます。考えられる原因として、骨によるエラの張りや、エラの周囲に脂肪がついていたり、咬む筋肉(咬筋)などが挙げられます。骨や脂肪は、削ったり溶かしたりする必要がありますが、筋肉に関しては簡単に改善ができます。それは、ボトックスと呼ばれる注射です。元々エラが張って、顔が大きく見えてしまうのは、噛む力が強かったり、寝ている時に食いしばりをして、筋肉が発達していたり、緊張しているのが原因とされています。この筋肉は、マッサージなどをすることで、多少は筋肉の凝りなどが改善されますが、筋肉量を減らしたりすることはできません。そういった問題も、ボツリヌ毒素と呼ばれる、人間には無害の成分を筋肉に直接注射を打つことで改善されます。美容で使われるボトックス注射は、この顔の筋肉に注射をしていくのです。エラに打つ場合のボトックスは、エラが張って見える筋肉の部分に打つことで、過剰な筋肉の動きを緩やかにし、抑制します。そうすることで、今まで張っていた筋肉が細くなるので、顔も痩せて見えるようになります。痩せて見えるようになるたけで、印象や横からみた見た目もかなり変わります。整形外科医がきちんと、ピンポイントで噛む筋肉だけに注射をしてくれるので、周りの筋肉には影響はありません。注射はすぐに効果が出るものではなく、ゆっくりと時間をかけて効果が出ていきます。自然に小顔へと細くなっていくので、違和感もなく、通常通りに日常生活を送れます。

小顔のためにボトックスを注射をして、どのくらい効果が持続するのか気になりますよね。大体の方が、ボツリヌス菌を筋肉に注射してから、約半年間程、効果は持続します。最初は少し筋肉に違和感がありますが、時間の経過とともにすぐに治まります。半年経ってからボトックス効果が切れ始めると、少しずつ元の状態に戻っていきます。効果を持続させるには、なるべく効果が切れる前に再度ボトックスを打つことです。小顔を継続させるために、定期的に注射を打たなくてはいけません。効き目具合を見て、何度が打つのを継続させると、持続時間は長くなっていきます。ずっと効果を持続させるために、数年は通院が必要になりますが、ボトックスの種類によっては、半永久的に効果が持続するものもあるようです。小顔効果を期待して、噛筋に打つ方がほとんどですが、打つ箇所はそれだけではありません。眉間のシワや、眉毛周辺の筋肉など、筋肉が過剰に動く場所に打つ方もいます。中には、肩や首、手、ふくらはぎなどにも打つ場合もあり、使い方は人それぞれです。どの場所も、過剰な筋肉の動きを抑えたりして、痛み軽減や美容・痩身目的で使用することがほとんどです。ですが、一時的とはいえ、筋肉の動きを緩やかにする作用があるので、闇雲に打つのではなく、医師の指示のもと正しいタイミングで打つのをおすすめします。ボトックスを一度打ったら、最低でも数ヵ月は時間を空けなくてはいけません。容量や使用方法を正しく使えば、安全に処置ができ、ダウンタイムもほとんどなく、効果を実感することができますよ。